髭脱毛するならフラッシュ脱毛と医療レーザーどちらを選ぶ

男性にとって象徴とも言える髭は、20代を超えたころから濃くなっていき、個人差によっては青ひげなど見た目にも良くない状態になることがあります。美容意識の高まる現代において、女性に毛嫌いされてしまう髭を処理することは男性にとって命題とも言えるもので、なるべく薄くしたいのが本音でしょう。髭をすっきりするためにはカミソリなどでの自己処理より、エステサロンやクリニックで施術を受けられる髭脱毛を利用した方が、その後の問題も解決します。エステサロンで行われる施術はフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、照射される光が毛根にダメージを与えて、髭の根元から脱毛できるようにしています。しかし、フラッシュ脱毛は女性の薄いムダ毛などに合わせて調整しており、男性の髭脱毛には向いていないようです。男性の髭は毛根が深くに分布しているのに加え、太く強固であることからかなりのエネルギーを照射しなければ効果が発揮できないという問題があります。また、フラッシュ脱毛で一時的に抜けても、再び生えて来る可能性が高くなっているのです。対する医療レーザーはクリニックが行う医療行為で、毛根の生えてくる細胞そのものを破壊して、再び毛が生えるというのを防ぐ脱毛法となっています。フラッシュ脱毛とは違い、1回の施術料が高いというデメリットはありますが、数回の施術で2度と髭が生えてこなくなることもあるので、その後の処理の煩わしさなどを考えると良い方法と言えます。フラッシュ脱毛は2〜3年は通う必要がありますが、医療レーザーでは1年前後で完了するので短期で済ませたいという人にも便利です。ただし、医療レーザーは永久脱毛法となるため、1度でも脱毛が完了してしまうと再び髭が生えてくることはなく、後で髭を使ったおしゃれを楽しむといったことができなくなります。生涯にわたっての問題ともなるので、医療レーザーによる髭脱毛をする場合は、後悔しないように覚悟しておくことが必要となります。