髭脱毛ってどれだけ痛いの

現在の脱毛法で主流となっているのは、エステサロンのフラッシュ脱毛またはクリニックの医療レーザーの2種類となっています。どちらの方法も仕組みは同じで、透過性があり特定の色素にのみ反応する光またはレーザーを照射することで、ダメージを与えてムダ毛が抜けるという方法となっています。特定の色素とはムダ毛となる黒色で、薄い毛であれば色素も薄く効果は弱くなりますが、太く黒々とした毛の場合は効果が高くなります。つまり、脱毛としての効果は高くなるのですが、比例して痛みが強くなっていくというデメリットがあります。脱毛は痛いというのが通説で、よくエステサロンやクリニックでの回答でも、ゴムで弾かれたような痛さを感じることがあると言われています。これは髭脱毛に限らず他の部位でも同じことで、ムダ毛が濃ければ濃いほど照射する光やレーザーの効果が高まるのが原因です。腕や脚などであれば普段から肌を露出していて、痛みに対してもある程度我慢できますが、神経が集中している顔の特に髭の部分は敏感なため、より強い痛みを感じるようです。エステサロンでは痛みを軽減するため、照射する光のレベルを落としてくれますが、その分だけ効果が薄まるという問題もあります。そのため、髭脱毛が完了するまで回数が必要になり、数年の期間にわたって通い続ける必要が出てきます。クリニックの場合は医療行為として行われるので、別料金で麻痺クリームや笑気麻酔などを利用して、痛みを和らげることができるようです。何の対処もなく髭脱毛を行うと、毛抜きで髭を抜くよりも倍以上の痛みがあるとも言われていて、施術中もパチンといった音を立てて悶絶する人も少なくありません。最近では医療技術の発達により、医療レーザーにも痛みを低減するための技術が使われていて、施術する医師の技術を含めてかなり抑えることができるようになっていますが、それでもまだまだ痛いというのは変わらないようです。