髭脱毛の痛みを軽くする

髭脱毛は一般的に他の部位より痛みが強いとされます。使っている機械や施術者の技術、痛みの感じ方などに違いはありますが、髭は密度が高く生えている毛が多いので痛みが強くなりがちです。レーザー脱毛は出力を高く調整できるので、光脱毛より痛みを感じます。髭は出力を上げてないと効果が出ないことが多いので、痛みが強くてもレーザー脱毛を選ぶのが良いです。髭脱毛の痛みが我慢できない人は、麻酔の利用を相談します。レーザー脱毛を扱うクリニックのほとんどで麻酔を用意しています。笑気麻酔は鼻や口から笑気ガスを吸引し、お酒に酔ったようなフワフワとした感覚にさせます。痛みへの恐怖や不安が和らぎ神経も過敏に反応しにくくなります。副作用はほとんどありませんが、痛みの程度に応じて笑気ガスの濃度を少しずつ上げるなど安全に配慮しています。麻酔クリームは髭が生えている部分に塗り、30分間放置し痛みに鈍感になったタイミングでレーザーを照射します。男性はスキンケアに無頓着な人が多いですが、保湿をしっかり行うと痛みを軽減できます。乾燥した肌は保湿成分が不足しているため、外部の刺激を受けやすいです。肌が非常に敏感になっているため、乾燥していない時と同じ出力で照射しても痛みを感じやすくなります。入浴後は体温の上昇により乾燥が進むので、化粧水やクリームで水分の蒸発を防ぎます。さらに施術前は十分に睡眠を取ることで乾燥肌を改善できます。睡眠中は体に栄養が行き渡り、肌内部に水分が補給されます。質の高い睡眠を阻害する要因をなるべく避けなければならないので、コーヒーを飲むのも控えます。コーヒーに含まれるカフェインには脳を覚醒させる作用があり、寝付きを悪くします。また神経も過敏になるため、血管や筋肉が収縮して痛みが大きくなります。よってコーヒーは寝る前だけでなく施術前も飲んではいけません。これらの対策をしても痛い時は、医師と相談して鎮痛剤の服用を検討します。